MURAKAMI LAB 東京大学大学院 工学系研究科
レジリエンス工学研究センター 村上健太研究室

RESEARCH

論文発表
オブソレッセンスマネジメントの事例の分類

オブソレッセンス(Obsolescence)は、時間の経過と共にシステムが時代遅れになる現象です。これに備えることは、原子力発電所の安全な長期運転だけでなく、次世代炉の建設のための技術基盤の維持のためにも大切です。
論文では、国際会議等で報告された大量の事例を規制制度と技術領域の観点から取り纏め、オブソレッセンスマネジメントを成功させるための重要な事項を分析しました。
査読中の英文原稿と、その日本語訳を先行公開いたします。ぜひご覧ください。

一覧へ戻る